最新情報

ESP32のADコンバーター、「使い辛そう」と噂なので、簡単に調べてみました

ESP32のADコンバーター、ちょっと「クセ」があるようなので動作させてみました。

 

2KΩのボリュームを取付、直接ADコンバーターの足へ接続し

並列にテスターを取付、0.1V刻みでAD値を測定してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ESP32の中には

ADC1 (GPIO33他)

ADC2(GPIO25他)

の2グループがあるようなので、それぞれ同じ条件で調べています。

電圧測定は

KYORITU 2012RA

を使用しました。

 

プログラムは、こんな感じのラフなものです。

#include <Arduino.h>
const int ADIN_1 = 33;    // ADC1
//const int ADIN_1 = 25;  // ADC2
const int VDD = 3.3; // 電源 3.3V
const int ANALOG_MAX = 4096; // 12bit = 4096
void setup() {
  Serial.begin(9600);
  pinMode(ADIN_1, ANALOG);
  analogSetAttenuation(ADC_11db);
}
void loop() {
  int ADC = analogRead(ADIN_1);  // AD 読込
  Serial.print(ADC);
  Serial.println(” mV”);
  delay(200);
}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テスト中の画面

結果をグラフにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グラフを見る限り

噂通り、使い辛そうではありますが、ラフで良いものなら、十分に使えそうです。

0.2V以下、2.8V以上は何らかの処理が必要な感じですね。

それさえ、意識していれば、程ほど使えそうな感じです。

最新の投稿記事

加納製作所の商品開発

  • 薪ストーブ
  • メッキアノード
  • 粉体塗料
  • ミニトマト選別機
  • 土壌改良材

開発でお悩みの方、

まずは新たな発想を生む
私達の開発環境へお越しください。
知識・経験・ノウハウがそのお悩みを解決します。

開発のご相談