薪ストーブの開発

暖かさを科学で追求。体感することで違いのわかる薪ストーブ

極上の暖かさを追求した薪ストーブ

「やわらかい暖かさ。」
加納研究所の追求したのは極上に暖かい薪ストーブのです。
暖かさには人が「やわらかくやさしい」と感じる波長があります。
加納研究所の開発した熱放射塗料を本体外装に施すことで、
人が温かいと感じる近赤外線領域から遠赤外線領域で熱を放射させます。
更に、熱放射塗料には発熱効率を高める効果があるため、広い部屋の隅々まで暖かさをとどけることができます。

煙が少ない薪の種類を選ばず消費が少ない

煙を燃やす乾留燃焼方式を採用した加納製作所の薪ストーブは、薪の消費が少なく排気も少煙で環境に優しいだけでなく、炉内の温度が上がりすぎず薪ストーブ本体を傷めず長く使うことが出来ます。

乾留燃焼方式は、薪に十分な空気を与えて完全燃焼させるより燃焼過程を2段階に分け、やや空気不足の状態で加熱。燃焼物は乾留することで薪からガスを発生させ、乾留ガスの発火点以上の温度を維持することにより炉内でガスが燃え続けます。
※新たな薪を追加しても、炉内温度が乾留ガスの発火点以上であればすぐに発火します。

乾留燃焼方式は、煤や未燃物の発生を少なくし、燃焼効率を向上させる方式で、これにより煙の少ない薪ストーブを実現しました。
乾留燃焼方式の2段階目の燃焼は、乾留後の薪が木炭となり、時間をかけて燃焼を続けます。これにより加納製作所の薪ストーブは燃費が良く、温度を上げ過ぎないことで長く使っていただける薪ストーブを実現しました。

更にストーブ内部の燃焼室に酸素を吸着させた触媒を練り込んだセラミック内壁を施すことで、薪から出るガスを燃焼させた後、乾留後の木炭を燃焼させる。一般的に杉・桧・松・竹を燃料とした場合、炉内温度が上がりすぎるため薪ストーブ自体が変形してしまうため使うことができませんが、加納製作所の薪ストーブは薪を選びません。

納品事例

設置・煙突工事の事例(土台はお客様にてご用意をお願いしています。)



商品一覧・資料請求へ

新築・既存宅・古民家 日本全国承ります。

加納研究所の薪ストーブはあらゆる場所に設置・煙突工事を行っています。寒い地域、横引き煙突を長くしなければならない設置場所でも暖かい設計の薪ストーブです。



■納品実績(都道府県)

2018年3月までの納品先
  • ・北海道
  • ・青森県
  • ・秋田県
  • ・岩手県
  • ・宮城県
  • ・山形県
  • ・福島県
  • ・新潟県
  • ・富山県
  • ・石川県
  • ・福井県
  • ・長野県
  • ・神奈川県
  • ・静岡県
  • ・岐阜県
  • ・愛知県
  • ・三重県
  • ・滋賀県
  • ・京都府
  • ・兵庫県
  • ・鳥取県
  • ・島根県
  • ・山口県
  • ・大分県

乾留燃焼方式だから薪を丸太のまま使える

乾留燃焼方式を採用した加納研究所の薪ストーブは直径20cmまでの丸太であれば、そのまま燃料として燃やすことが可能です。
丸太のまま燃やすことのできるストーブは数少ないため、ストーブに薪を焼べるための力は必要ですが、薪割りを省略することができます。

■丸太の燃焼(3時間の燃焼を1分に早送り)

商品一覧・資料請求へ

加納製作所の商品開発

  • 薪ストーブ
  • 金属メッキ
  • 粉体塗料
  • ミニトマト選別機
  • 土壌改良材

開発でお悩みの方、

まずは新たな発想を生む
私達の開発環境へお越しください。
知識・経験・ノウハウがそのお悩みを解決します。

開発のご相談