最新情報

ESP32 VSCode JTAGデバッグ (2)

OLIMEX ARM-USB-TINY-H

をPCにつなげ、デバイスマネージャーを見てみます。

「!」マーク出ていますので

「ドライバありません」状態です。

FT2232は、なにやら、中身は2つ入っているんですね。

 

「Zadig」を使って

OLIMEX ARM-USB-TINY-Hのドライバーを

Win-USBデバイスドライバに書き換えます。

OLIMEX ARM-USB-TINY-HをつないでZadigを立ち上げます。

 

Olimex OpenOCD JTAG ARM-USB-TINY-H (Interface 0)の方を書き換えます。

「Install Driver」のボタンを押します。

ちょっと時間かかりますが・・・・・成功!!

 

ドライバの「!」マーク消えて
ユニバーサルシリアルバスデバイスとして認識されています。

 

VScode(PlatformIO)で新規にプロジェクトを立ち上げ

Platformio.ini

debug_tool = olimex-arm-usb-tiny-h

と1行追加し保存します。

この画面では
monitor_speed = 9600
が追加されていますが、気にしないでください。
VSCodeを再起動します。
ESP32-DevKitC-32DのUSBもパソコンに繋いでくださいね(電力供給)。
へたれなプログラムで確認します。
ブレークポイントでちゃんと止まりますし
ウォッチ式もちゃんと動作しています。
ラズピコも流行ってきていますが
今更ながらESP32も、なかなか良いんじゃないかなと思います。

最新の投稿記事

加納製作所の商品開発

  • 薪ストーブ
  • メッキアノード
  • 粉体塗料
  • ミニトマト選別機
  • 土壌改良材

開発でお悩みの方、

まずは新たな発想を生む
私達の開発環境へお越しください。
知識・経験・ノウハウがそのお悩みを解決します。

開発のご相談